So-net無料ブログ作成

ひみ寒ぶり [季候]

2日、寒ぶり宣言。氷見魚市場。
今年もやってきました、という感じですかね。12月に入ってからの宣言は、2度めとのこと。昨年は11月25日。

2日は、くしくも、氷見から神戸に運ばれたあすなろの生木のXmasツリーの点灯式。
神戸開港150年記念企画の一環で、世界一の高さのXmasツリーを神戸に立てようと先月にメリケンパークに植樹されたものらしく、推定樹齢150年、高さ約30メートル、推定重量40トンもの巨木なあすなろのよう。
電飾は26日まで。
会期中は、いろいろとイベントが催されるっていうから、ぶりの解体ショーでもあれば、ひみ寒ぶりにもお目にかかれるかも。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

初競り [季候]

19日、新湊漁港で、今シーズンの越のわたり蟹漁。
なんでも、第3のカニで、関西で人気の蟹とか。大ぶりで、身が詰まっていて、ぷりぷりっとした食感で、なかなかの美味らしい。

8月には、射水市と近大水産研究所がワタリガニの稚ガニ6万5千匹を富山湾に放流している。
稚ガニは体長6mmから1cmで、越のわたり蟹は重さ400g以上のワタリガニ。
漁期は11月末まで。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

曳き合い [季候]

岩瀬曳山車祭。
岩瀬諏訪神社の春季例大祭で、17、18の両日。
扇形のたてもんを載せた13基の曳山が織りなす喧嘩山車。

実は、富山は喧嘩祭りが多いお土地柄。
5月は、この岩瀬曳山車祭、今週月曜の伏木曳山祭のほか、福野夜高祭があるし、6月から7月にかけて、
・津沢夜高あんどん祭
・庄川夜高行燈
・となみ夜高祭
・氷見祇園祭り

よくよくみると、ちょっと地理的に偏りがあるような・・・











nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

大漁 [季候]

1日解禁の富山湾のシロエビ漁。
シロエビは、透きとおった薄いピンクの小えびで、富山湾の宝石と言われ、ブリ、ホタルイカとともに平成8年に「富山県のさかな」に選定されていて、平成23年に富山県推奨とやまブランドに認定。

シロエビの旬の時期は長く、漁期は11月末まで。
それまでの間に、お刺身に、軍艦巻きに、かき揚げにと、舌鼓を打ちたいなぁ。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

寒ぶり宣言 [季候]

25日、氷見漁港。2年ぶり。
この宣言以降、富山湾内の定置網で漁獲され、氷見魚市場で競られた鰤で、6Kg以上のものがひみ寒ぶりと認定され、1尾づつ販売証明書が付けられるよう。
鰤は、その大きさによって名前が変わる出世魚なことでも知られ、築地市場では、10Kg以上のものを鰤と言うようだが、氷見の寒ぶりは、2011年にひみ寒ぶりで商標登録される前までは、氷見での水揚げ量よりも築地への入荷量の方が多いとの口さがない話もあったようで、2010年に産地偽装が事件になったことを契機として商標登録されたものらしい。

寒ぶりといった場合、寒い冬の時期に天然のいけすと呼ばれる富山湾で獲れる身が締まって脂の乗りがよい鰤のことを言うことが多いようで、昔から名高く、富山の名産とされ、氷見のほか、新湊などで水揚げ。
ほかにも、この時期に、能登や佐渡のほか、境港などの日本海で獲れた鰤も寒ぶりと呼ぶ。

25日は、全国的には、ブラックフライデー。
どこかで、美味しい寒ぶりも、バーゲンやってたのかなぁ。




nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理